NIPTなら当サイトにお任せ!

NIPTは胎児に影響がないから人気

NIPTは胎児に影響がないから人気 NIPTは胎児の身体を傷つけることなく、母親の血液を採取するだけで先天的な異常が無いか調べることができる非侵襲型の出生前検査です。
同じように身体を傷つけない出生前検査には超音波検査や母体血清マーカーテストがあります。
これらに比べ早い時期からダウン症候群、エドワーズ症候群とパトー症候群について高い精度で簡単に調べることが可能です。
特に、先天的異常の子どもが生まれるリスクの高い方や他の非侵襲型検査で異常が発見された場合にNIPTを受けることが多いそうです。
出生前検査には他にも侵襲型の出生前検査である絨毛検査や羊水検査がありますが、流産するリスクがあるため顕著する方も少なくありません。
NIPTは子どもに先天的異常が出る可能性が高まると言われている35歳以上の妊婦さんにとって、胎児に影響がないため気軽に受けやすく人気があります。
出産の高齢化が進んでいるといわれる近年、NIPTを導入する施設も徐々に増えています。

NIPT検査は母体や赤ちゃんへの健康面の影響がない

NIPT検査は母体や赤ちゃんへの健康面の影響がない NIPTは、妊婦の血液からお腹の中にいる赤ちゃんの染色体疾患(ダウン症・18トリソミー・13トリソミー)を調べる検査のことで、羊水検査と違って妊婦から採血して検査をするので赤ちゃんへのリスクがなく健康を害する影響もありません・ 他の母体血を使った染色体検査と比べてNIPTは大変高い診断精度がありますが、陽性と出たときには確定診断として羊水検査が必要です。
対象となるのは出産予定日の時点で35歳以上の方で、これまでに21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーの赤ちゃんを妊娠・出産した方、超音波検査や母体血清マーカー検査で胎児が上記染色体異常の可能性が高いと指摘されている人です。
受けられる施設は限定されるため、検査を受けるときにも適切な遺伝カウンセリングと心理的なケアを含めた継続的なサポートを行ってくれる医療機関を選ぶ必要があります。
最初にかかりつけの産婦人科の医療機関の医師に相談し、日本医学会で施設認定を受けている医療機関で遺伝カウンセリングを受けてから検査を受けるかの判断をしたほうが良いです。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>NIPT実施の同意書にはパートナー署名も必要
>NIPTの検査結果で迷ったら自助グループに相談する選択肢もある
>NIPTは認定施設で受けないと違法になるのか
>NIPTと胎児ドックの特徴と違いについて
>NIPTでは染色体の異常を検査することができる

◎2021/1/28

NIPT検査で安心を
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

心理的な影響も少ない
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

悪い影響・リスクはある?
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT ダウン症」
に関連するツイート
Twitter

私も夫も高齢で、子供がダウン症や精神疾患の可能性が非常に高いのは理解してる。 結婚8年目。不妊治療の末にやっと授かった子で、もしそうだったとしてこの子を堕ろす決断が出来る気がしなくて、NIPT受ける自信が無かった。

今更ではあるんだけど高齢妊婦だからリスクあるんだよなー ダウン症もそうだしさ。。 NIPTしないって決めたけど不安はついて回る

出生前検査は、マジで簡単に語るもんじゃない。素晴らしい技術だけど、『凸凹を排除するのは当たり前』って思考が社会に形成さる可能性もある そしてダウン症の一部が選別されても、発達障害は育たなきゃわからない。 ダウン症はダメで発達障害は許される? 軽はずみにみんなでNIPTなんて言えないよ

葉酸に入ってる鉄ですら気持ち悪くなるからディアナチュレの葉酸だけのやつ飲んでたのに😭 でも今回久々に顔全体見えて、顔ぺったりくっついてたから潰れてたけどほっぺむにんむにんでかわいかった☺️💓 鼻も高さがしっかりあるからNIPTしてなくてすこーし心配してたダウン症も平気って言ってもらえた

前回と同じく第2子もNIPTダウン症のみ確認してきた。異常なし。賛否両論あるけど育てるのは我々なのでね🙏