NIPT検査で安心を

NIPT検査で安心を

NIPT検査で安心を 赤ちゃんを産むときには、誰でも五体満足で生まれてきて欲しいと願うものです。先天性の病気をもって生まれてくる確率は決して高くはありませんが、ゼロでもありませんから、心配はつきないものです。不安を抱えていると精神的にも良いものではないし、後から後悔しないためにもNIPT検査を受けてみてはどうでしょうか。
NIPTとは無侵襲的出生前遺伝学的検査のことで、基本検査では、「ダウン症候群(21トリソミー)」「エドワーズ症候群(18トリソミー)」「パトウ症候群」の3つの遺伝子異常による病気を見つけることができます。全染色体検査では、「ターナー症候群(Turner症候群)」「クラインフェルター症候群(Klinefelter Syndrome症候群)」「トリプルX症候群(TripleX症候群)」など、さらに様々な病気を見つけることが可能です。検査方法は母体から採血し、その血液を検査しますので簡単です。もし異常が見つかった場合は、確定検査としてより精密な検査を行います。

「NIPT無認可の病院」の口コミ

「NIPT無認可の病院」の口コミ NIPTをご存知ですか。NIPTとは出生前診断のことです。妊婦の方が胎児の先天異常があるかないかを知りたいときに、出産前に胎児の状態を調べる検査をすることができるのです。
メリットとして、これからの将来に備えやすくなり仮に障害児が誕生するならば、出産をしたくないという判断もできるため現在では多くの人がNPTを利用しています。NPTの認可を受けている医療機関で検査を受けることができますが。無認可の病院でも検査は可能です。認可の受けている医療機関では、一民間団体が出しているガイドラインに沿って検査が許されている機関のことを指し、35歳以上から検査を受けることができます。一方、無認可の機関では妊婦さんの年齢制限がなく、認定施設と比較すると検査項目が多い医療機関もあるのです。NIPTに対する口コミとして、「出産前に検査をしてよかった」「自分の生まれてくる子どもに異常がなくて安心した」と言った良い印象を持っている人が多い傾向にあります。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>NIPT実施の同意書にはパートナー署名も必要
>NIPTの検査結果で迷ったら自助グループに相談する選択肢もある
>NIPTは認定施設で受けないと違法になるのか
>NIPTと胎児ドックの特徴と違いについて
>NIPTでは染色体の異常を検査することができる

◎2021/1/28

NIPT検査で安心を
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

心理的な影響も少ない
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

悪い影響・リスクはある?
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 無認可」
に関連するツイート
Twitter

返信先:NIPTでも10週〜しかも認可のとこはアメリカで検査がほとんどで2週間かかる 早期検査は無認可が多いけど、陰性時99.99%の精度 認可だろうが未認可だろうが陽性の場合は15週まで待って羊水検査で確定診断→堕胎するなら無麻酔出産で中期中絶 35歳以上て言うてるけど、教えるべきは高校生くらいから

NIPT&胎児ドックを愛育で受けようか検討中…🤔分娩予定のクリニックでも対応可能なんだけど無認可なんだよなぁ〜。精度に変わり無いとは言うけど、やっぱり認可施設で万が一陽性の場合のフォローが手厚いところがいいなと…!

東京の無認可NIPT(新型出生前診断)の検査内容を比較しました!