NIPTなら当サイトにお任せ!

NIPTは採決するだけだから母体への影響も少ない

NIPTは採決するだけだから母体への影響も少ない NIPTの診断は採血をするだけですので、母体への影響が少ないと言われています。
血液を採取するための注射しかしないので、痛みもほとんどなく安心して受けられます。
また母体だけでなくお腹の中にいる、赤ちゃんへの負担の心配がないというのも特徴です。
従来の検査方法には羊水検査があります。
この診断方法では妊娠子宮に長い注射針に似た針を刺して、羊水を吸引するという施術を行います。
子宮に長い針を刺しますが痛みの感じ方は個人差が大きく、全く痛みを感じなかったというケースもあれば、痛かったという感想を持つ妊婦さんもいるようです。
ただ、この診断方法は流産を招くリスクがあると言われています。
流産率は0.3%と少ないですが、やはり不安に感じる人もいるでしょう、また破水や出血、子宮内感染症などのリスクがあるようです。
NIPTの場合は、流産といった妊婦さんへの大きなダメージとなるようなことは起こらないので、安心して検査を受けることができるでしょう。

NIPTを受けることによって起こる影響やダメージ

NIPTを受けることによって起こる影響やダメージ 妊娠中の妊婦さんは女性ホルモンのバランスが変化していることでストレスを感じやすい状態になっているため、NIPTを受けた結果が陽性だった場合、ショックを受けて精神的ダメージを受けてしまってそれが胎児にも影響してしまうことがあります。
胎児への栄養は血管を通って送られていきますが、妊婦さんがストレスを感じると筋肉が硬直して血流が悪くなり、栄養が供給されにくくなってしまう可能性があるため、NIPTを受ける際は妊婦さんの精神状態を考慮する必要があります。
また、高齢出産や虚弱体質な女性の出産の場合、これから生まれてくる赤ちゃんが健康であるかどうかが不安でストレスを強く感じてしまうことがあるので、そういった場合ではNIPTを受けることで安心することができます。
NIPTは胎児の状態を知ることができ、それで妊婦さんが安心できるといったメリットがある反面、結果が陰性でなかったときにさらなるストレスの引き金になってしまうこともあるので、妊婦さんの精神状態をしっかり考えた上で判断することが重要といえます。

新着情報

◎2023/03/02

情報を更新しました。
>NIPT実施の同意書にはパートナー署名も必要
>NIPTの検査結果で迷ったら自助グループに相談する選択肢もある
>NIPTは認定施設で受けないと違法になるのか
>NIPTと胎児ドックの特徴と違いについて
>NIPTでは染色体の異常を検査することができる

◎2021/1/28

NIPT検査で安心を
の情報を更新しました。

◎2020/10/27

心理的な影響も少ない
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

悪い影響・リスクはある?
の情報を更新しました。

◎2020/07/15

サイト公開しました

「NIPT 妊婦」
に関連するツイート
Twitter

返信先:ダウンだったらおろすなんて…!ってリプが多いだろうけど 実際NIPTやって陰性でした!よかったです!安心しました!ってコメントが某妊婦向けアプリには溢れてるのが現状だからそれが現実ってことだよなぁと思います

13w1d 昨日、今日、激痛まではいかないけどなんとなく子宮の辺りがチクチクする。。次回の妊婦健診が6/4で、その前5/30のNIPT +胎児ドックが待ち遠しい!常に一心同体なのに早く会いたいと思う感覚、不思議だな👶🏻✨

妊婦健診3回目までの記録 ・子宮ポリープ大量(掻爬済) ・NIPT陰性 ・風疹抗体16倍 ・B群溶連菌陽性 ・血糖値基準オーバー指摘あり、尿糖+1 不安要素が多い…😂

今更ではあるんだけど高齢妊婦だからリスクあるんだよなー ダウン症もそうだしさ。。 NIPTしないって決めたけど不安はついて回る

NIPT陰性でした…ホッとした。妊婦健診の日じゃなかったけどエコーもみてもらえて良かった😭元気に動いてた。まだまだ続くつわり、ママ頑張るよ!